×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



眠る繭
裏に表に、死者を見据える者たち。


主要登場人物

〈情報局‐1〉
――全て拒絶したくなる気持ちは解らなくはない。

一、
「まあ、そもそもの未練が『拒絶』だからねぇ」
「それ未練っていうんですかね……」

〈情報局‐2〉
――情報を人として見だすと碌なことがないけれど。

二‐一、
「世の中、愚痴聞きで済む魂ばっかりじゃないってことよ」
「解ってますって」

二‐二、
「それで、どうだったの彼女?」
「相変わらずですよ」

〈情報局‐3〉
――紙の束というものは、見た目よりずっと重い。

三、
「……嘘」
「嘘かもしれない、本当かもしれない」

〈情報局‐4〉
――良い顔をしている。


back

検索からいらした方は、こちらからインデックスページへどうぞ。