×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



blackbox
瞼の裏は、無意識を繋ぐ橋。


【 prologue 】
その日僕は、夢を見なかった。

【 1 】
微睡みの奥から意識が浮かび上がってくる。

【 2 】
文学部を評し、「趣味人の集い」と言った院生が居るらしい。

【 3 】
湯に浸かっているような心地良さだった。

【 4 】
遠藤景彦は、ぼんやりとした少年だった。

【 5 】
下宿の玄関に突っ伏したまま、景彦はぽっかりと眼を開けた。

【 epilogue 】
小さなスツールに腰掛けたまま、僕は目を覚ました。



back

検索からいらした方は、こちらからインデックスページへどうぞ。