×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



囁き


 囁かれたのです。
 だからそれに従っただけ。
 だってそうでしょう、指示されたら従うのが当たり前じゃないですか。前に[なら]え、って言われたら、こう、両腕をぴんと伸ばすでしょう。それと一緒です。しなかったら怒られちゃうじゃないですか。
 耳許[みみもと]で彼の声がしたんです。
 だから私、彼がそうしてほしいと思ってるんだなって解ったんです。彼が望むことならなんでもしますよ、もちろん。だって、そうしないとまた怒られてしまいますから。たぶん今までちゃんとできてなかったんですよね。だから、今日こそは、できるだけ早くしなきゃって思ったんです。
 声が聞こえて、顔を上げてみたら、テレビを見ている彼の後姿が見えました。え? そんな、全然。彼がこっちを見ずに話すなんていつものことです。
 思えば、ときどきなにか耳許で言われている気はしていたんです。
 でもなにを言っているのかさっぱり解らなくて。遠かったり、もやもやしていたり。もしかしたら、それをちゃんと聞けていなかったから、怒ってたのかもしれないですね。私、駄目なんですよ、本当に。
 ピアス? ああ、これですか。そうです、彼がくれた唯一のプレゼント。可愛いでしょう。この子ですよ。ずっと言ってくれてたのは。彼がどうしてほしいのか、きっとずっと私に伝えつづけてくれてたんですよね。
 やっと聞きとれたんです。
 そうですね……ええ、もしかしたら、彼じゃなくて私の声だったのかも。でもそんなこと、どうだって良いじゃないですか。だって喋っていたのは、彼がくれたピアスなんですから。同じことですよ。
 そう、――やっちまえ、って。
 すぐ、やりましたよ。
 だって嬉しかったんですもの。


 back

検索からいらした方は、こちらからイン デックスページへどうぞ。